微笑む医師

再発を防止する

カウンセリング

うつ病は、改善されてもちょっとしたきっかけで何度も再発を繰り返してしまう病気になります。再発しないためにも、医師の指示に従う必要があります。うつ病の再発防止を行うものに、維持療法が挙げられます。うつ病が改善された後も、抗うつ薬を使用し続けることが大切といえます。勝手な判断で薬の服用をやめてしまう場合、再びうつ病にかかる可能性が高くなってしまうため決して行わないようにしましょう。また、周囲のサポートも必要になってきます。なかなか自分でうつ病を告白することが出来ないものです。そのため、周囲が普段通り接しても反対の意見が出てくる場合など再びうつ病になってしまうことが多いものです。再発しないためにも、周りに告白することも大切といえます。また、周囲にうつ病患者がいる場合も意見を無理に合わせる必要はありません。しかし、理解することが大切になってきます。

睡眠も再発防止には重要といえます。眠りが浅く夜中に何度も起きてしまう他、不眠症など睡眠障害も再発する恐れがあります。そのため、十分な睡眠をとるように心掛ける必要があります。無理に眠ろうとする場合、余計にストレスに感じてしまうこともあります。ストレスを溜めないためにも、医師に相談することで安心することが出来るといえます。また、うつ病を再発させないために常に意識をしているとストレスを与えることになってしまいます。そのため無理せず自分のペースで再発防止をし、少しでも気になる場合は病院やクリニックの医師に相談することで再発防止に努めることが出来るといえます。

Copyright(c) 2015 うつ病はココロの重石が原因|カルクする専門治療. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com